ethOSでWi-Fi(無線LAN)を使うために設定した全記録

LANケーブルから解放されたい!!

ethOSはUbuntuがベースになっています。ということは、Wi-Fiも使えるのでは? と思い立ってテストしてみました。Wi-Fiが使えるようになれば、電源コンセントのあるところへリグを自由に移動できる。気温が高くなるこれからの季節は、風通しがいい部屋に都合よく有線LANが届かないことがありますよね。ethOS+Wi-Fiが実現できれば……。
ところが、標準状態のethOSは、Wi-Fiが使えませんでした。ということで、早速設定をいじって、Wi-Fi対応にさせてみます。
今回利用したWi-Fiアダプターはこれ。

バッファローのWLI-UC-GNMです。1000円くらいで買えるので、財布にも優しいですね。最新だと型番が「WLI-UC-GNM2S」となっていますが、おそらく中身は同じもの。(上記の画像をクリックするとアマゾンに飛びます。そこから購入いただけると励みになります! アフィリエイトリンクです)

まずは、USBにWi-Fiアダプターを差し込む。Wi-Fiが使えるかを見ておく
$ lsusb

Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root hub
Bus 001 Device 004: ID 058f:6387 Alcor Micro Corp. Flash Drive
Bus 001 Device 002: ID 0411:01a2 BUFFALO INC. (formerly MelCo., Inc.) WLI-UC-GNM Wireless LAN Adapter [Ralink RT8070]
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
 ちゃんと見えてる感じでホッとします。続けて、下記のコマンドを入力。
$ ip a
すると、下記のような「wlan0」エントリがあるはず。
3: wlan0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP group default qlen 1000
OSからはちゃんと認識できているようなので、あとは設定を行えば使えるようになります。もし、上記のようにモデル名まで認識せずに、メーカー名しか見えなかったり、まったく見えなかったりする場合は、面倒ですがドライバーのインストールが必要です。
では、Wi-Fiを利用するのに必要な「wpa_supplicant」をインストールしていきます。
$ sudo apt-get-ubuntu update
$ sudo apt-get-ubuntu install wpasupplicant

ethOS 1.3.1以上ならとくにエラーもでずにインストールできるはず。完了したら、下記コマンドを入力して、設定ファイルのひな形を作っておきます。

$ wpa_passphrase <SSID名> <パスワード>

すると、以下のような結果が出力されます。

network={
 ssid="<SSID名>"
 #psk="<パスワード>" ←これは不要なので、あとで設定を貼るときに削除
 psk=5180f52b3d8b8e353847748074d6505b4e5c3940a9993a56f1ea3b8f5fba1e48
 } ←パスフレーズが自動生成される

これが設定のひな形になります。コピーしておきましょう。#pskと書かれた行は、パスワードが丸見えになってしまうので、設定時に削除してしまってかまいません。

では、ようやくwpa_supplicantの設定いきます。おなじみのエディタ「nano」を使います。

$ sudo nano /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

nanoが開いたら、下記のように設定ファイルを作っていきます。

ctrl_interface=/var/run/wpa_supplicant  ←追加
ctrl_interface_group=0  ←追加

network={  ←ここから先ほどのひな形を貼り付ける
ssid="<SSID名>"
psk=5180f52b3d8b8e353847748074d6505b4e5c3940a9993a56f1ea3b8f5fba1e48
key_mgmt=WPA-PSK   ←追加
proto=RSN   ←追加
pairwise=CCMP   ←追加
group=CCMP   ←追加
}

編集が終わったら「Ctrl」+「X」→「Y」キーで上書き保存して、設定がきちんと出来ているかを確認します。そしたら、設定ファイルが正しいかを、実際に動かして確認してみましょう。下記のコマンドを入力します。

$ sudo wpa_supplicant -iwlan0 -c/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

すると、下記のように表示されるはず。

Successfully initialized wpa_supplicant
 wlan0: CTRL-EVENT-SCAN-STARTED
 wlan0: SME: Trying to authenticate with xx:xx:xx:xx:xx:xx (SSID='xxxxxxxx' freq=2447 MHz)
 wlan0: Trying to associate withxx:xx:xx:xx:xx:xx (SSID='xxxxxxxxxx' freq=2447 MHz)
 wlan0: Associated withxx:xx:xx:xx:xx:xx
 wlan0: WPA: Key negotiation completed withxx:xx:xx:xx:xx:xx [PTK=CCMP GTK=CCMP]
 wlan0: CTRL-EVENT-CONNECTED - Connection toxx:xx:xx:xx:xx:xx completed [id=0 id_str=]

USBに突っ込んだWi-FiアダプターのLEDがチカチカしているのではないでしょうか。このままでは、DHCPにつながっていないので、IPアドレスなどは割り振られていません。つまり、まだマイニングなどはできない状態。それでは、先に進みます。

と、その前に。以後の操作をして再起動をすると、有線LANがオフになり、Wi-Fiのみの通信となります。最悪通信ができず何もできない状態になるので注意してください。キーボードやモニターをつないでいるときは設定を見直すなどの操作ができますが、SSHやTeamViewerなどのリモート操作のみのときは、接続できなくなってしまうかもしれないので、それに留意して作業してください。
ちなみに、自分は2~3回、設定ミスでethOSの再インストールからやり直しました!

では、気を取り直して。メインで利用するネットワークを、有線からWi-Fiに切り替えるための設定を行います。下記のコマンドを入力します。

$ sudo nano /etc/network/interfaces

nanoが開いたら、下記のように書き換えます。

auto lo
 iface lo inet loopback

############以下のように書き換える############

auto wlan0
 allow-hotplug wlan0
 iface wlan0 inet dhcp
 wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
 iface default inet dhcp
 書き換えが終わったら「Ctrl」+「X」キー→「Y」キーを押して上書き保存。
再起動します。
$ r
これで使えるようになったかと思います。
で、バッファローのWLI-UC-GNM由来の現象なのか、再起動するとまれにつながらない現象が発生しています。電源コンセントを別の場所につないだり、設置場所を変えたりすると安定するので、おそらくアンテナが小さいことによる受信感度の問題と思います。GPUやケースファンからの干渉もすごそうだしね。USB延長ケーブルを使ってリグから遠ざけると、安定するのかなーと思ってますが、まだ試していません!
以上です!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑