より高い効率を求めてethOS+dstm’s Zcash miner+GTX1080でNiceHash Poolにつなぐ

1割ほど効率がアップするとの噂のアレ

一般的には「EWBF’s Zcash miner」が効率がいいとされていますが、ethOSのドキュメントを眺めていると「dstm’s Zcash / Equihash Nvidia miner」を用いた方がいいとのこと。前回に記事では「EWBF’s Zcash miner」を使ってそれなりに満足してたので、「ホントかよ」と疑問に思いつつも、せっかくなのでつなぎ替えてみました。

変更作業は超簡単

つなぎ替えるとはいっても、難しい作業は不要です。いつものとおりethOSにログインしたあとにコマンドをたたきます。

# nano ./local.conf

ずらずらと設定項目が出てくるので、下記のように書き換えます。

maxgputemp 85
globalminer dstm-zcash  ←「dstm's Zcash miner」の設定
stratumproxy enabled
proxywallet <自分のビットコインアドレス>
proxypool1 equihash.jp.nicehash.com:3357  ← NiceHash Poolに接続
poolpass1 z

flags --cl-global-work 8192 --farm-recheck 200

globalpowertune 115  ← ここから以下はGTX1080の効率化のための設定
globalcore 2100  
globalfan 40 ← ここまで
autoreboot true

GTX1080の効率化設定は、こちらの記事をご確認ください。編集が終わったら「Ctrl」+「X」キー→「Y」キーで上書き保存して閉じます。最後に、設定を反映してマイナーを再起動します。

# sudo putconf && minestop

さらに、きちんと動いているかを確認してみましょう。

# show miner

問題がなければ、下のように表示されているはず。「Ctrl」+「C」キーでストップさせます。ストップさせてもバックグラウンドではちゃんと動いているのでご心配なく。

ttermpro_2018-04-04_17-06-10.png

GTX1080×4台で、1950~2005 Sol/sくらい出ている様子。ちなみに前回のはこんな感じ。

ttermpro_2018-04-01_21-16-35.png

概ね1900~1950 Sol/sでした。1割とはいかないまでも、5%程度は採掘レートが向上しているみたいです。いい仕事してます。

以上です。ひとまずこのまま放置してみたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑