PCを使ってないときに自動でマイニングを開始する設定(Windows+タスクスケジューラ)

今日も採掘していますか?

普段使っているパソコンでマイニングをするとき、その都度ツールを起動させるのって面倒くさい……。離籍するときに起動しわすれて、機会損失することもありますよね? そんなときは、タスクスケジューラを使ってマイニングツールを自動起動させましょう。

タスクスケジューラとは、Windowsなどの標準機能で、決まった時刻に自動でソフトを起動させることができるソフト。パソコンを使う時間帯が決まってないという場合にも、使っていないとき(アイドル時という)を自動で認識してソフトを起動させる、なんてこともできるんですよ。

面倒な説明は抜きにして、とりあえず設定をしていきましょう!

NVIDIA Share_2018-02-16_08-45-53
まずは、タスクスケジューラーを起動します。キーボードの「Windows」キーを押してスタートメニューを開き、「タスク」と入力。候補に「タスクスケジューラ」が表示されるので、クリックします。

mmc_2018-02-16_08-46-29
タスクスケジューラが開いたら、右側のペインにある「タスクの作成」をクリック。

mmc_2018-02-16_08-46-54
「名前」欄に「マイニング」と入力。「ユーザーがログオンしているときのみ実行する」にチェックを入れる。

mmc_2018-02-16_08-47-12「トリガー」タブをクリックして、下にある「新規」をクリック。

mmc_2018-02-16_08-47-41「タスクの開始」欄にある「v」をクリックし、「アイドル時」を選択して「OK」をクリック。

mmc_2018-02-16_08-48-03「操作」タブを開き、「新規」をクリック。

mmc_2018-02-16_08-48-37この画面が開いたら「参照」をクリック。

mmc_2018-02-16_08-49-21「開く」画面から、マイナーを選択して「開く」をクリック。
※この環境ではEWBFを使った例だけど、Claymoreなんかでも同じ感じでいけるはず。ここでbatファイルではなく、マイニングソフトの本体であるexeファイルを選択する理由は、PCがアイドル状態じゃなくなったときに自動で終了させるため。逆に終了させたくないときは、batを選択することも可能。その場合、batファイル内にフルパスで指定されている必要があるかもしんない。もし、指定してなければ、タスク作成の最初の画面(全般タブ)の「場所」に、マイニングソフトのあるパスを指定しておく。

mmc_2018-02-16_08-50-12本来batファイルに書かれている引数(パラメーター)を、「引数の追加」欄に張り付けておく。上でbatファイルを選んでいれば、この作業は不要。もし、batファイルを選んでいてうまく動かないときは、この上の手順からやりなおしてみよう。そして「OK」をクリック。

mmc_2018-02-16_08-51-00「条件」タブを開き、「次の間アイドル状態の場合のみタスクを開始する」にチェックを入れて、時間を選択する。「再びアイドル状態になったら再開する」のチェックを入れて「OK」。
※「アイドル状態になるのを待機する時間」について、アイドル状態とは、CPU使用率が低く、キーボードやマウスが使われていないという状態のこと。通常、15分に一度、アイドル状態のチェックが行われている。上の例では最初のアイドルチェックから、1時間使われていない時間が続くとアイドル状態として判定される。さらに10分後にタスクを開始する。

以上で設定終了。しばらくパソコンを放置すると、自動でマイニングソフトが起動するようになっているはずです。マウスやキーボードを操作すれば、マイニングが自動終了するんで、パソコンの空き時間をより効率的に使えるようになったのではないでしょうか。

ひとまず本日はこれにて!

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑